14歳の中学生の妊娠ストーリーという、かなりデリケートなストーリーを放送した、コウノドリ。

ただの事故的な内容ではなく、ここでも命の重みを考えさせるようなストーリーにまとめあげています。

ネット上でも議論を呼んだ話題の回ですので、コウノドリを語る上ではハズせない話です。

コウノドリの14歳の母のあらすじ

コウノドリの5話では、14歳ながらに妊娠してしまった女子中学生のストーリーです。

一見すると、自分をコントロールできない若者の未熟なストーリーか・・・。という感じがしますが、それだけでは終わらないのがコウノドリ。ちゃんと、メッセージ性のあるストーリーになっています。

バスケ部で活躍する女子中学生、吉沢玲奈。彼女は練習の最中に突然倒れます。

この時始めて妊娠しているということが発覚します。

しかも相手は同じ中学生。なんでも議員の息子だということです。この議員は、妊娠の事実を全く受け入れずに、相手にしません。

鴻鳥サクラは、妊娠した女の子に現状を説明。そして、女の子は特別養子縁組という選択をします。

「特別養子縁組は、子供が欲しい親のための制度ではない。子供の福祉の為の制度」というセリフにハッとしたという人は多いです。

最終的に、無事出産を終え、子供は女の子の手から離れます。

「自分は何もできない」という妊娠させた男の子の言葉に、「そうだよ」と、ハッキリと答えたサクラが印象的でした。

なによりも、出産後スグに生まれた赤ん坊が連れて行かれるシーンでの、中学生の女の子の泣きの演技が感動的でした。こちらまで、この何とも言えない無力な境遇を思い知らされる演技でした。

コウノドリ14歳の母の回を無料で視聴

動画配信サイト『Hulu』では、コウノドリが全話視聴できます。今なら2週間無料トライアル中!

Huluでコウノドリを見る(2週間無料)

2週間以内に解約すると、全く料金を請求されません。もし、サービス内容がイマイチかな?と思ったら、解約できます。

Huluでは、コウノドリ以外にも韓流ドラマや海外ドラマ、国内ドラマも豊富に揃っています。かなり良いサービスですので、使ってみるのをオススメします♪

ちなみに、月額988円(税別)となっています。1日あたり30円程で動画見放題!と考えると、良いですよね。私も使っています。雨の日なんかは、Huluざんまいで外に出ませんからね。笑

14歳の母の役は「山口まゆ」


14歳の母という、かなり難しい役どころを演じたのは、「山口まゆ」さんです。

2000年に生まれた彼女は、この当時リアル14歳だったというわけです。

まゆさんは2014年オーディションにより現在の事務所フラームに所属しています。

実はこのオーディションは母親が応募したものでした。

憧れの有村架純さんと同じ事務所に入れるということで、山口さんはかなり喜んだそうです。

この幸の鳥以外にもたくさんのドラマに出演しています。

代表的なもので、 昼顔、リバース明日の約束などがあります。

また映画では、相棒にも出演していました。

この14歳の母が演技で、多くの注目を集め、今後の活躍が期待されています。

親に育てる能力が無い場合

このコウノドリでは、特別養子縁組という形で、子供を他の家庭に託しました。

特別養子縁組とは色々な事情で育てることが困難な子どもを、他の家庭に託すことができる制度です。

特に今回のように、親があまりにも若い場合、 子供を育てるのはかなり困難なわけです。

ここで特別養子縁組という制度を使ったことは、かなり現実的な方法だと思います。

ただ、 このストーリーが放送されると、この特別養子縁組制度に対する考え方でネット上では議論が起きました。

コウノドリでは特別養子縁組制度を使いましたが、学校に通いながらも子供を育てるケースは実際あります。

ですがだからといって、未成年の無計画な妊娠出産を奨励するのは正しいことではないでしょう。

中学生が妊娠した実例

中学生が妊娠したという実例は、意外と多くあります。

ある産婦人科のクリニックでは、中学生の妊娠とその相手について言及しています。

特に、同じ中学生同士のカップルが来院した時の胸の内は、つらいものがあるようです。

「彼女は、こうして生みたい言うて泣いてるでしょう。 妊娠したことがうれしくて、喜んで生めるような状況にないときに、妊娠した女性はね、しんどいんよ。あなたは、その彼女になんにも出来んでしょ? なんにも出来んときに妊娠させたらいけんのんよ。それがわかってるか?」

「あなたは、彼女に中絶してほしいといってるけど、そのお金はどうするの? 自分でお金を出すことも出来ん。そんな力もないということだよね。」

そう話しながらも、私は「ああ、申し訳ない」と思ってしまうのです。彼らは、何も学んでいないのです。女性も、そして相手の男性も、中学生であろうと、社会人であろうと。

引用元: 中学生の妊娠②: 河野美代子のいろいろダイアリー

社会人が中学生を妊娠させるというのは、ちょっとどうなの?な感じです。しかし、同じ中学生同士であった場合、世の中を知らなさすぎた・・・という残念な気持ちになります。

授かりたいけども授かれない人がいる一方では、事故のように妊娠してしまう方もいるわけです。

まとめ

多くの議論を呼んだ、コウノドリの4話と5話の中学生の妊娠と出産ストーリー。

コウノドリ本編では、特別養子縁組という形で決着しています。より現実的な形に落ち着いたわけです。

ドラマ内でも、ただの美徳と捉えないように、釘を刺すセリフもあり、メッセージ性の高いストーリーだったなと思いますね。